ジュースばかり飲んでいませんか?

皆さんは、日ごろのどが渇いた時に何を飲んでいますか?
もしかして、ジュースばかり飲んでいませんか?
のどが渇くと、程よい甘さやの飲み物を求めてしまうのもです。しかし、健康を考えると本当にそれで良いのでしょうか?

糖分の摂りすぎに注意!!

冷たく甘いジュースを飲むと、「甘い」「美味しい」「スッキリ」と感じ、心も体も満たされますが、その甘さがゆえに「もっと飲みたい」と必要以上に飲んでしまうこともありませんか?その結果、糖分を取り過ぎてしまい体に次のような悪栄養を与える可能性もあるのです。

 

  • 内臓疾患になる可能性が増える
  • コレステロール値が乱れる
  • 脳や心臓に負担がかかる
  • 太りやすくなる
  • 肌が荒れる
  • 虫歯になる
  • 糖分依存になる可能性がある
  • キレやすくなる
  • 側彎症になる可能性がある

内臓疾患になる?

糖分の摂りすぎは皮下脂肪、内臓脂肪が増える原因にもなるため内臓に負担が掛かりやすくなります。

コレステロール値が増える

炭水化物、脂質など他の栄養素との合成によりコレステロール値を上げる原因となります。

脳や心臓に負担がかかる

血糖値が上がり過ぎることにより、血管に負荷がかかり脳や心臓へ適切な血液を送ることが出来なくなります。

肌荒れ

インスリンの生産が増すことで皮下脂肪が増えやすくなるため、ニキビが出来るなど肌に負担が掛かる。

糖質依存?

糖分は摂れば摂るほど「もっと欲しくなる」と言われています。
味覚が麻痺し、求める甘さも強くなりかねません。

水やお茶を飲む習慣を

私たちの体に必要な糖分は、お米、パン、野菜、フルーツ、調味料などにより食事の中から十分に摂取できているため、菓子、ジュースなどの嗜好品から多く摂ってしまうのは注意が必要です。つまり、食事の摂り方にも注意すべきなのです。

これから、暖かな季節となりより「喉の渇き」を感じるとついついのど越しの良い甘く冷たいジュースを求めてしまいますが、『水』や『お茶』を飲むよう意識してみてください。