枕の大切さ

体に合った枕を使っていますか?

皆さんは、毎朝スッキリ目覚めていますか?                     「朝から元気いっぱいで疲れ知らず」と言う方は少ないのではないでしょうか。       現代社会では「なかなかベッドから出られない」「たくさん寝たはずなのに疲れている」という方が多いのです。
では、次の様な症状がないでしょうか?

  • 朝、スッキリ目覚められない
  • 寝つきが悪い
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 何時間寝ても疲れが取れない
  • 朝起きた時、体の痛みや違和感がある

 

当てはまる項目が1つでものある方は、今の枕が合っていない可能性があります。     私たちは人生の1/3、つまり1日24時間のうち、約7~8時間をベッドや布団で横になり寝ています。しかし、いくら長い時間を睡眠に充てても寝具が体に合っていないと熟睡できず、疲れが取れないどころか逆に疲労を感じてしまうのです。              寝る時の体勢には、仰向け、横向き、うつ伏せ、と個人差があり、また寝ている間ずっとそのままではなく、少しでも体に負担がかからないよう定期的に寝返りをうちます。 この寝返りをスムーズに行う為にも寝具選びはとても大切です。

 

枕の選び方

では、寝具の中でもサイズや形、素材の種類が1番多い枕について考えてみましょう。   頭は体の中でも重たい部分であり、体重に対し8~13%ほどであると言われています。 起きている間はこの頭を首が支えて生活をしてるため、睡眠時は負担を最低限にする枕を探すことはとても重要です。 枕の高さが合わないと首や肩が凝りや頭痛、腰痛になったり、全身にだるさを感じてしまいます。高さが合っていれば、仰向け、横向き、そして寝返りなどどの体勢にも楽に移動できるはずです。                        寝る姿勢として、真っすぐ立った状態そのままで仰向けになる形が理想的だと言われています。その際に、寝具と体に大きなすき間が生まれない事が大切でもあります。 枕と頭、首の間も程よい密着感が必要なのです。 枕には、低反発・高反発・羽毛・綿など様々な素材があり、サイズも小さめ、大きめ、ロングタイプ、そして高さも様々です。そんな中からご自分に合った枕を探すのはとても大変ですし、衛生品であるため返品が難しく「これなら!」と購入したものの実際に使用してみて「やっぱり合わない・・・」となる可能性もあり、とても慎重にならなければいけません。なかには、手ごろな価格だからと何度も何度も枕を買い替え、未だに自分に合った物を見つけられず何万円も費やしている、という方もいます。そのような事にならないよう、商品の説明や素材、好みだけで選ばず、横になり何度も試すことが出来、さらにアドバイスをしてくれる専門家のいる場所で購入することをお勧めします。

良い枕=自分に合う枕

もうお分かりでしょうが・・・
良い枕 ≠ 高級枕・好きな枕  ではありません。
横になり、頭を乗せた時、枕に密着している頭だけではなく体全体に吸い込まれる感覚があり、目を閉じるとスッと眠りに入れる。この様な枕が理想的であり良い枕なのです。
そして、自分に合う枕で睡眠すると次のようなメリットがあります。
  1. 毎朝スッキリ目覚められる
  2. 寝つきが良い
  3. 熟睡できる
  4. 睡眠時に血流が滞らず、リラックスできる
  5. 体のバランスが整う
  6. いびきが減る

 

朝の目覚めを快適にし、「今日も楽しく頑張ろう!」と一日を気持ちよく過ごせるように、今の枕がご自分に合っているのか、見直してみませんか?

 

当院では、枕の無料診断も行っています。ぜひ、ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加