オーダーメイド枕って本当にいいの?

皆さんは「オーダーメイド枕」と聞いて、どの様なことを想像しますか。

恐らく次のようなことが多いのではないでしょうか。

  • 頭がしっくり落ち着く
  • 好みに合った素材を選べる
  • 心地良く寝付かせてくれる

本当に、これで良いのでしょうか?

今回は、最近よく聞くオーダーメイド枕のデメリットについてお話します。

よくあるオーダーメイド枕

最近は、ネットショップでもサイズや素材を選ぶタイプがありますが、これは決してお勧めできません。枕は実際に見て、触って、フィッティングする事が最重要なのです。
また、百貨店やショッピングモールなどに枕専門店があることが珍しくありません。
様々なタイプの枕があり「お客様に合った枕」を一緒に選んでくれます。

しかし、その枕は本当にあなたの『体』に合っているのでしょうか。

これまで何度かオーダーメイド枕で失敗している方はいませんか?
時間とお金をかけて選んだのに、気付くと睡眠の質が悪くなっていたり、体の調子が悪くなったという方もいます。

間違えてはいけないのは

「枕」=「頭を乗せ、落ち着かせる」
ではないことです。

枕の役割とは?

枕は使うことで、安眠はもちろん日中の活動で疲れ、歪んだ体を正しい状態に戻す役割もあるのです。ちょっと考えてみてください、私たち人間は首から背中、そして腰にかけての骨が繋がっています。つまり、寝ている時こそ最高のメンテナンス時間なのです。

つまり

「枕」=「快適な睡眠と体のメンテナンス」

なのです。

 

正しい枕を使うことで、頭痛、肩こり、腰痛が緩和され、体の歪みも整えられるのです。

そのため、購入直後には多少の違和感がある可能性もありますが、2週間ほどかけて枕と体が馴染み心地よい睡眠を得られるようになるはずです。

つまり、購入してすぐに「落ち着く」「包み込まれて気持ち良い」と感じる枕はしばらくすると違和感を覚え「もしかして合わないのかも?」となる可能性があるのです。
(全てが当てはまるわけではありません)

「自分に合った枕」と出合った方にはぜひ試してもらいたいことがあります。
その枕を2週間以上使い、頭と体が馴染み、睡眠の質と体調が良好だと感じた時に別の枕で一晩寝てみてください。翌朝に「なぜ!?ウソでしょ!!」と驚くほど体の不調を感じるはずです。

つまり、枕は体に対してそれほど大きな影響を与えているのです。

 

朝起きた時に、「脳も体もスッキリ!」を感じたい方はぜひ専門家に相談の上、自分の「体に合った枕」を探してみてください。

 
当院の枕は「整体枕」です。慣れるまで違和感がありますが、それは体を本来の正しい姿勢に戻そうとしているからなので心配ありません。
無料診断も行っていますので、お気軽にご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加