腱鞘炎

こんあお悩みはありませんか?

  • 手首・肘が痛いけど仕事を休めない
  • 物を握るのが痛い
  • 妊娠後腱鞘炎になった
  • 子供や孫の抱っこが辛い
  • 湿布を貼っているけどよくならない
  • サポーターをしないと怖い

腱鞘炎とは?

※日本手外科学会「手外科シリーズ 2」から画像を引用しております。

腱鞘炎には代表的な病名が二つあります。
1 バネ指(屈筋腱炎)
・・・手指を曲げ伸ばしする腱におこるもの
手がだるい、動きにくい、痛くて物を摘んだりがつらい。手のひらや甲、指を押してみたり、曲げ伸ばしたり時にガクッと音がしたりします。

2 ドケルバン病
・・手指の親指側に起こるもの手首の親指側にある腱鞘とそこを通過する腱に炎症が起こった状態。

短母指伸筋腱、長母指外転筋腱の腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなりトンネル部分の腱がこすれて、親指側が痛くなる症状です。

母指を握りこんだりすると痛みます。母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。
また、妊娠中に起こることもあります。

 

私は腱鞘炎?

もし、そんな気がしたらテストしてみて下さい。
患部の動きに対して痛いかを確認致します。これで痛みがでたら、腱鞘炎の可能性が高いです。

施術の方法

原因の筋肉である短母指伸筋・長母指外転筋を緩めるほか。
親指の捻じれや変形を取っていきます。
手の甲側を見て、親指の爪は見えていますか?
筋肉を緩めるだけではその場しのぎになってしまいます。
当院独自の施術で、矯正器具を使い親指の捻じれを改善していきます。
捻じれを取ることにより痛みが緩和します。

また、妊娠による影響であれば、
内臓整体の手技を用いて、
親指に付着している筋肉を緩めていきます。
私の経験では胃の不調を感じている方が多いので、
その負担を取り除くことで症状の緩和をいたします。
局所の刺激であれば鍼治療をすることもあります。
患者様に合った最適の方法で施術をいたします。

痛みがなくなりました。ファンタスティック!

お客様写真

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。