スタッフ紹介

栗原 理江

栗原 理江

資格
柔道整復師、鍼灸師、ペディグラス技術者(巻き爪ケア)
出身
東京都府中市
趣味
野球観戦(とくに高校野球)
スポーツ競技歴
野球、バスケット、水泳、柔道、スノーボード、マラソン

学生時代と鍼灸との出会い

学生時代と鍼灸との出会い

幼いころからスポーツは大好きでした。夢は体育教師になること!
高校では部活に明け暮れたい!
当時はまだ認知されていなかった女子の野球部に入る。
とにかく厳しく、休みは春・夏の大会の後の数日と年末年始だけ。
練習に明け暮れる日々でしたが高校2年生のある日の練習中膝が痛くなる。

そんな時に行った整骨院で膝に鍼治療を受けると膝の調子が日々よくなっていきました。

これが鍼灸との出会いでした。

鍼灸の養成学校に進む!

それでもやっぱり体育教師になりたかった私。
行きたい体育大学を志望するが受験に失敗し、浪人する勇気はない。
担任からすすめられるがままに、
体育教師になるための勉強が(一応)できて、鍼灸の勉強をする大学に通うことになる。

中途半端な鍼灸への思いがまっすぐになるが…

軽い気持ちで仕方なく目指した鍼灸師でしたが、
養成学校の施術練習で体の調子がどんどんよくなっていき、
いつの間にか人の体をケアしたいという気持ちが強くなっていきました。
しかし、努力と意思の弱さがあり、
大学卒業時に国家試験に不合格になり、浪人生活へ…

治療家になると本気で思ったきっかけが訪れる

治療家になると本気で思ったきっかけが訪れる

浪人生活をしている時、整骨院で受付のアルバイトを始めました。
院長先生は鍼灸師・柔道整復師の資格を持っていて、
知識の広さやアプローチの多さに魅了されました。
そこで勉強へのスイッチが入りました。
リベンジ国家試験は無事に合格し、次のステップを目指す

柔道整復師の養成学校へ通う。そして事件が…

柔道整復師の養成学校へ通う。そして事件が…

アルバイト先の院長のようになりたくて、バイト先に就職。

午前から夕方まで整骨院で働き、夜は柔道整復師の専門学校に通いました。
勉強する暇はなかったけれど
勉強に対する意識が固まっていたので勉強には困りませんでした。
そんな中、大けがをして肩の手術を受けました。
整形外科での辛いリハビリ。
この時の経験が、今、患者様に寄り添って理解できる治療家になりたいと強く思ったきっかけです。

柔道整復師(接骨院の先生)の免許を取得し院長を任される

国家試験は楽勝で合格!
専門学校を卒業後、尊敬する院長の後任として、すぐに院長になりました。
尊敬する師匠の真似をしながら、気付けば10年経ちました。
整骨院の経営はうまくやれていましたが、
途中で施術方法に疑問を抱くようになりました。
患者さんの痛いところを、ただひたすらマッサージ。
あれ?来る患者さんは毎日同じ。これって治せているの?
ただ、患者さんの機嫌を取って世間話をしながら、痛いところをモミモミ。
私ってマッサージ屋?
治療家を目指していたのでは?
ここから根本施術とはなにか?を模索し始め、
研修会やセミナーに何度も参加しました。
いまいち「ピン」と来るものがなく、時間は過ぎていきました。
自分への劣等感で過剰なストレスから、
胃の不調が起き、次いで肩の痛みも強く出ました。
そんな時、偶然チラシで目にした「内臓整体
何だろうと気になり、セミナーに参加しました。

やっと見つけた根本改善

内臓の不調から起きる、肩こりや腰痛について学ぶと、
体のつながりや不思議が謎ではなくなりました。
内臓だけでなく、さらに筋肉や骨格のことを理解し、
根本改善の方法にようやくたどり着きました。
この技術でもっとたくさんの人を施術したいと思いました。

国領駅前にて開院

国領駅前にて開院

体の悩みを抱えている多くの人を救いたい。
一人一人と向き合いたいと思い、
事業拡大に合わせて、駅前に拠点を移すことになりました。
私自身の過去の経験から治療、リハビリをしっかりやったことで今の仕事をやれています。

痛みがわかるからこそ、患者様にとって最適な施術を考え、提供したいと考えています

全ての患者様が「にこにこ」していただけるよう、
全力で取り組んでいきたいと思います!