スタッフ紹介

栗原 理江

栗原 理江

資格
柔道整復師、鍼灸師、ペディグラス技術者(巻き爪ケア)
出身
東京都府中市
趣味
野球観戦(とくに高校野球)
スポーツ競技歴
野球、バスケット、水泳、柔道、スノーボード、マラソン

学生時代と鍼灸との出会い

学生時代と鍼灸との出会い

夢は体育教師になること!
高校では女子の野球部に入る。
とにかく厳しく、休みは春・夏の大会の後の数日と年末年始だけ。
高校2年生のある日の練習中膝が痛くなり、
そんな時に行った整骨院で膝に鍼治療を受けると膝の調子が日々よくなっていきました。

これが鍼灸との出会い。

鍼灸の養成学校に進む!

体育大学を志望するが受験に失敗し、浪人する勇気はない。
担任からすすめられるがままに、
体育教師になるための勉強が(一応)できて、鍼灸の勉強をする大学に通うことになる。

中途半端な鍼灸への思いがまっすぐになるが…

軽い気持ちで仕方なく目指した鍼灸師でしたが、養成学校の施術練習で体の調子がどんどんよくなっていき、いつの間にか人の体をケアしたいという気持ちが強くなっていきました。
しかし、努力と意思の弱さがあり、
大学卒業時に国家試験に不合格になり、浪人生活へ…

治療家になると本気で思ったきっかけが訪れる

治療家になると本気で思ったきっかけが訪れる

浪人生活をしている時、整骨院で受付のアルバイトを始めました。
院長先生は鍼灸師・柔道整復師の資格を持っていて、知識の広さやアプローチの多さに魅了されました。
そこで勉強へのスイッチが入りました。
リベンジ国家試験は無事に合格し、次のステップを目指す

柔道整復師の養成学校へ通う。そして事件が…

柔道整復師の養成学校へ通う。そして事件が…

バイト先にそのまま就職し、
日中は整骨院で働き、夜は柔道整復師の専門学校に通い、日曜、祝日は温泉でアルバイト。2個で105円のカップ麺を食べたり、患者さんからもらった食べ物の差し入れのお菓子がお昼ごはんでした。貧乏でしたが借金をせずに必死で学費を払いながら勉強しました。

そんな中、過労で限界だった私は、学校に通学中に倒れて肩を怪我しました。その肩の症状はひどく、手術を受けました。
整形外科での辛いリハビリ。
この時の経験で患者様に寄り添って痛みを理解できる治療家になりたいと強く思うようになりました。

柔道整復師(接骨院の先生)の免許を取得し院長を任される

柔道整復師(接骨院の先生)の免許を取得し院長を任される

国家試験は楽勝で合格!
学校を卒業後、すぐに院長に就任。
尊敬する師匠の真似をしながら10年。
途中で施術法に疑問を抱くようになりました。
患者さんの痛い所を、ひたすらマッサージ。
来る患者さんは毎日同じ。高齢者ばかりで埋まる治療院。
患者さんの機嫌を取って世間話をしながら、痛いところをモミモミ。
症状が改善していないことに気づきました。
ここから根本施術とはなにか
を模索し始め、セミナーに何度も参加しました。
そんな時、偶然チラシで目にした「内臓整体」これが今の施術のメインになります。

やっと見つけた根本改善

内臓の不調から起きる、肩こりや腰痛について学ぶと、体のつながりや不思議が謎ではなくなりました。
内臓だけでなく、さらに筋肉や骨格のことを理解し、根本改善の方法にようやくたどり着きました。
そして、生活習慣や食生活の乱れからくる不調に気付いたのです。

国領駅前にて開院

国領駅前にて開院

体の悩みを抱えている多くの人を救いたい。
一人一人と向き合いたいと思い、
事業拡大に合わせて、駅前に拠点を移すことになりました。
私自身の過去の経験から痛みがわかるからこそ、患者様にとって最適な施術を考え、提供したいと考えています

全ての患者様が「にこにこ」していただけるよう、全力で取り組んでいきます。
また、常に質の高い施術を提供できるように学び続けることをお約束します。