椅子に座っていると腰が痛くなる

今日、患者様の往診に行ったら、
患者様の息子さんが、
「椅子に座っていると腰が痛いんです。」

と訴えてきました。
「でも、これって仕方ないですよね?」

私は○○さん。この症状はちゃんと治るんです。
なぜ、こうなったのか、考えてみましょう。

 

…患者様の訴えをまとめます

  • 座っているとジワジワ痛くなってくる
  • 急に寒くなって腰が痛くなってきた
  • 湿布を貼ってやりすごす
  • 放っておけば治ると思う
  • この痛みは治らないから仕方ない!

まずお答えします
この訴えは

全て解決できます!

座っていての痛みが出るのは
血流が滞っている証拠です!
同じ姿勢を保つのが難しい体の歪みを改善すれば
座っているのも苦痛ではありません。

寒いから痛い
これも体の歪みがあり、血流がわるくなっているからです
骨盤の歪みだけではありません。
足首や手関節、頭蓋骨の歪みを調整すれば
血流がよくなって痛みも緩和します。

湿布は痛み止めです。
決して治しているわけではありません。
ずっと貼っていると皮膚が光沢してしまい、
皮膚の伸張性を失って、
体を動きにくくさせてしまいます。
できることなら、貼らないほうがいいと思います。

放置はダメです。
我慢した痛みが負のサイクルを引き起こします。
よって、均衡を保とうと使った不良姿勢が、
さらに症状を悪化させます。
早めの治療を提案します。
放置は症状の悪化と早期回復を阻害します。

これらの問題を解決していけば、
治らないから仕方ない
そんな風には思いませんよね?

腰の痛み…

お気軽にご相談ください!