痛み止めって逆効果?

疲労

 

 

簡単に手に入れることができる痛み止め。
実は厚生労働省では副作用のリスクがあると注意書きをするように通達されています。
大腸や小腸の狭窄が起こりえるということ…

頭痛や生理痛、腰痛などの各種の痛み。
症状があるからといって、
すぐに飲むのは控えてほしいです。。

仮に小腸や大腸に悪影響があるとします。
小腸や大腸をつつんでいる膜が緊張してしまいます。
その膜の緊張が筋肉や骨格に負担をかけてしまいます。
結果、その時の痛みは和らいでも、
また、痛みを再発させる可能性や症状を悪化があります。
痛み止めを飲む前にできるセルフケアは是非やってみて下さい。

当院でも症状緩和できるものもあります。
ずっと痛み止めと付き合っていくのは嫌ですよね?

症状緩和のことなら、
気軽にお問合せください!

内臓整体って何?について詳しくはこちら

内臓整体って何?

内臓整体って何?に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加