鍼灸治療

こんあお悩みはありませんか?

  • 手足が冷える
  • 首の痛みと肩コリがつらい
  • 腰痛がつらい
  • 頭痛やめまいがある
  • むくみが気になる
  • 風邪をひきやすい
  • 妊娠中で薬が飲めない

世界保健機構(WHO)では鍼灸の適応としてあげているもの

【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

上記疾患のうち、
神経痛
リウマチ
頚肩腕症候群
頚椎捻挫後遺症
五十肩

鍼灸の健康保険の適用が認められています。

※日本鍼灸師会引用

鍼灸はなぜ効くの?

鍼灸は体表にある感覚神経を刺激して脳や脊髄に作用します。
簡単に言えば痛みの抑制です。
痛みを出している細い神経線維に対し、太い神経線維に鍼で刺激し、
痛みをブロックしていきます。

病気は風邪のときに体が治そうとする際、
白血球が血液中に増加します。
そういった作用は鍼や灸をすることで活性化していきます。
転んで傷ができると治そうとする作用が働きますよね?
鍼や灸はその作用を利用し、
故意的に皮膚や筋肉を微細に傷つけて
痛みのある部位に働きかけ、自然治癒力を引き出します。

鍼は痛くない、灸は熱くない

日本の鍼は髪の毛くらいの細さです。
鍼を刺すときの痛みに個人差はありますが、ほとんど無痛に近いです。

また、お灸は昔のようにお仕置きに使うような熱いお灸は使用しません。
台がついていてやけどをしない温かさに調節しています。
50°から65°程度ですので、
皮膚が少し赤くなるような反応が出ます。

マッサージをしても症状が見受けられない。
あきらめていた症状に
鍼灸施術を試してみませんか?

鍼灸のパワーは未知数です。
もちろん個人差はありますが、
癌の進行が止まったり、白髪が減る。などの効果がでた方もいます。
免疫細胞が活発になり、体にいい影響を及ぼしてくれるはずです。

 

鍼灸治療に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加