スポーツ障害

スポーツ障害外傷

 

スポーツ障害

スポーツによって使いすぎた(オーバーユース)筋肉や関節などに起きる炎症のことです。
スポーツの種類によって症状は様々ですが、特定の動作によって引き起こされます。
初期のころは違和感、重さだるさを感じ、
それが蓄積されて取り返しのつかない障害や外傷を引き起こしてしまうこともあります。症状が続くとパフォーマンスの低下、筋肉疲労の回復も時間がかかります。

 

スポーツ外傷

一度の外力(転倒、衝突)で起きるケガのことです。
捻挫、肉離れ、打撲、骨折、脱臼など。

こんあお悩みはありませんか?

  • 投球動作の繰り返しで肩が痛む
  • シュート練習などで股関節や膝、肩関節が痛む
  • 走ると膝が痛い
  • 練習後に膝や腰、肩が痛くなる
  • ラグビーなどで激突して首、肩が痛い

スポーツ外傷は気を付けていても起きてしまう事故ですが、
未然に防ぐこともできます。
気を付けなければならないことはたくさんあるのです。

  • フォームが悪い
  • 使い過ぎによる歪み
  • トレーニングやストレッチが不適切
  • 栄養バランスを考えない食事
  • 適度な水分補給をとっていない
  • 休息をとらない

このようなことがあると、
症状を悪化させます。そして治癒過程を遅延させます。

当院の施術

  1. 全身の体の歪みをチェックします。
  2. 矯正器具を使用し、骨格を正常な位置に戻すと関節が動かしやすくなります。
  3. 筋肉を緩めていくと、痛みが緩和します。
  4. テーピングをすると動作が軽くなります。
  5. 特殊な電気を使い、筋肉の深層まで刺激し、炎症を沈めます。
  6. 鍼をすると筋肉の緊張が緩和します。
  7. 内臓の調整を行います。肩の症状は内臓疲労が原因かもしれません
  8. 食事指導を行いまます。暴飲暴食はパフォーマンスの低下の原因です
  9. 正しいトレーニングとストレッチの指導をいたします

痛みが出たら治癒過程を長引かせないためにも、早めの受診をおすすめします。
お気軽にご相談ください!

スポーツ経験豊富なスタッフがお待ちしています。
得意なスポーツ障害
野球、陸上、柔道、水泳、バレー、テニス、バトミントン、バレエなど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加